まずは気軽に無料査定

営業時間 9:00~20:00

お問い合わせ

カーコレブログ

ウォーターポンプの異音は故障の前兆!修理費用は?

2023/11/23 up

車のウォーターポンプが故障する前兆として現れる異音に焦点を当て、その原因と修理にかかる費用について詳しく解説します。この記事では安全な運転のための必読情報を提供します。

車が発する不審な音は、しばしば深刻なトラブルの前触れであり、ウォーターポンプに不具合が生じている場合、とくに異音や異臭の発生には注意が必要です。

この記事ではウォーターポンプが果たす重要な役割、故障の徴候、そして修理が必要となったときの予算の目安、および適切な対応について詳細に説明します。

予期せぬトラブルを未然に防ぐため、車のメンテナンスに関する知識を深めましょう。

 

そもそもウォーターポンプとは

 

ウォーターポンプはエンジンの冷却に欠かせない重要な部品です。その理由はウォーターポンプが、エンジンから発生する熱をコントロールし、過熱を防止するために、冷却水をエンジン内で循環させる役割を担っているためです。

エンジンの熱は冷却水がラジエーターを通じて冷却された後、エンジン内部に戻されるという循環で適切に保たれています。そのため、ウォーターポンプに問題が発生すると、エンジン温度が異常に上昇し、深刻なトラブルへとつながるリスクがあります。

車を適切にメンテナンスし、安全運転するためにも、ウォーターポンプの仕組みについて理解しましょう。

 

エンジン冷却の仕組み

エンジンは運転中に熱を発生させて熱を効果的に管理する必要があり、エンジンの冷却システムは車の性能維持に不可欠です。

ウォーターポンプはこのプロセスの中心的な役割を担っており、熱を吸収した冷却水をラジエーターに送り込むことで、エンジンの温度を適切に保っています。そして、ラジエーターで冷却された水はエンジンに戻され、熱交換サイクルを続けるという仕組みになっています。

 

ウォーターポンプの構造

ウォーターポンプはエンジンの冷却効率を最適化するために精密に設計されており、インペラー、シャフト、ベアリング、プーリーなどの主要な部品が構成されています。

インペラーの役割は、冷却水を効果的に移動させることであり、シャフトベアリングはインペラーの回転を滑らかにすることにより、冷却水の循環を支え、エンジン温度を適切に制御しています。

 

フランジ

フランジはウォーターポンプをエンジンに固定する部品です。フランジが適切に位置していないと、ウォーターポンプのパフォーマンスに影響が出て、冷却水の流れの効率が低下する恐れがあります。

また、フランジは過酷な条件下、たとえば高温や長時間の運転によって、緩みやダメージを受けやすく、その結果ウォーターポンプの寿命を短くすることにつながることもあります。

 

シャフトベアリング

シャフトベアリングは、ウォーターポンプ内のインペラーを動かす中心的な軸としての機能を持つ部品です。この部品が適切に働かないと、インペラーの回転が不均等になり、冷却効果が十分に得られない状況に陥ることがあります。

シャフトベアリングの機能は、エンジンの温度管理に不可欠です。摩耗や損傷によって、ウォーターポンプ全体の性能に影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

 

ボディ

ボディはウォーターポンプの外枠のことで、全体の強度を支える重要な役割を担っています。ボディがダメージを受けたり形状が変わったりすると、ポンプの冷却能力に大きな影響を及ぼし、結果的にエンジンに過度な負担をかける原因になる可能性があります。

ボディの素材と設計は、ポンプの耐熱性や耐圧性に直接関係しており、これらの要素はウォーターポンプの全体的な効率に寄与しています。

 

メカニカルシール

メカニカルシールはウォーターポンプ内の液体漏れを防ぐ役目を担う重要な部品です。このシールが破損すると、冷却水の漏れが生じ、エンジンがオーバーヒートを起こすリスクが高まります。

この部品はウォーターポンプの効率的な動作と信頼性を維持する上で、メカニカルシールの役割は非常に大きなものです。シールの劣化や損傷はウォーターポンプの機能低下を招き、最悪の場合は、重篤なエンジントラブルの原因となる恐れがあります

 

インペラー

インペラーは冷却水の吸引と排出を助ける羽根車のような役割を果たしています。この部品の動作は、ウォーターポンプの効果的な機能に不可欠で、エンジン冷却プロセスに直接影響を及ぼします。

エンジンの冷却を均等に保ち、過熱によるダメージの可能性を抑制する役割を担っているため、インペラーに問題が生じると、エンジンのオーバーヒートや性能の劣化が発生する可能性があります。

 

ウォーターポンプの異音は故障の前兆となる代表例

 

ウォーターポンプから奇妙な音が聞こえた場合、通常のエンジンの騒音と異なる場合があります。これは、ウォーターポンプに問題がある兆候かもしれません。

ウォーターポンプのベアリングやシールの摩耗が、エンジン異音の一因として考えられます。このような異音を無視すると、エンジンの過熱リスクが高まりますので、注意が必要です。

そのほかにも、冷却水の漏れや滲みも問題のサインとなります。エンジンルームから甘い香りが漂う場合、冷却水に問題が起きている可能性があります。また、冷却水の漏れはエンジン冷却機能に悪影響を及ぼし、重大なエンジン故障を招く可能性があるため、異常なサインを見逃さず、迅速に対処することが大切です。

 

走行中に「カラカラ」「キュー」などの異音がする

車を運転中にエンジンルームから「カラカラ」や「キュー」といった奇妙な音が聞こえた場合、ウォーターポンプのベアリングやシールが摩耗している可能性が高く、ウォーターポンプに問題が起きていることを示唆しています。

これらの部品の摩耗はウォーターポンプの性能低下を引き起こし、エンジンのオーバーヒートリスクを高めます。したがって、このような異音には迅速に対処することが重要です。

さらに、ベアリングやシールの摩耗はウォーターポンプの寿命にも影響を与え、冷却水の流れが妨げられ、エンジンの冷却効率が低下する可能性があることを覚えておいてください。

 

冷却水の漏れや滲みがある

ウォーターポンプに関連する問題の兆候として、冷却液の漏れや滲みも考えられます。とくにウォーターポンプ周辺で冷却液が漏れている場合、メカニカルシールの破損やシャフトベアリングの不具合が考えられます。

冷却液の漏れはエンジンの温度管理に影響を及ぼし、最悪の場合、エンジンのオーバーヒートや損傷を招く可能性があります。冷却液の漏れにより、エンジンルームの下に水たまりができたり、冷却液のレベルが低下したりすることがあります。これらは異常として認識し、放置しないようにすることが重要です。

 

エンジンルームから甘い臭い

エンジンルームからシロップのような甘い香りが漂ってきた場合、冷却液の漏れが原因である可能性が高くなります。この特有の甘い香りは、冷却液の特定成分に由来し、冷却水が漏れていることを示唆しています

冷却液の漏れはしばしばウォーターポンプの問題やメカニカルシールの破損が原因です。このような香りを感じた場合は、速やかに車両を点検し、必要に応じて修理を検討することをおすすめします。

冷却液の漏れも放置するとエンジンに深刻な損傷を与える可能性があるため、早めの点検と対策が大切です。エンジンルームから甘い匂いが漂った場合、安全を最優先し、走行を控えて点検作業をすることをおすすめします。

 

ウォーターポンプが故障する原因

ウォーターポンプが故障に至る理由には、車の使用期間や走行距離が長いことや、シャフトベアリングの損傷、冷却液の漏れなどが挙げられます。修理を検討するときには、これらのどこに原因があるのか特定することが大切です。

一般的にウォーターポンプは、10年間または10万キロメートルの使用後に交換することが推奨されており、この期間を超えると劣化しやすくなると言われています。シャフトベアリングの不具合や冷却液の漏れは、ウォーターポンプの機能に影響を及ぼすため、車を良好な状態を維持するためにも、定期的に点検するとよいでしょう。

 

寿命

一般的にウォーターポンプの耐用年数は約10年と見積もられていますが、これは車の種類や使用状況によって変わります。

高性能車や長距離運転、重量物の輸送を頻繁に行う車では、ウォーターポンプの摩耗が速まる傾向があります。反対に、日常生活での短距離運転が中心の車や、定期的にメンテナンスを受けている車では、ウォーターポンプの寿命が延びることも期待できます。

ウォーターポンプが寿命に近づくと、エンジンルームからの異音や異臭などのサインが現れる場合があります。これらの警告を見過ごすと、エンジンのオーバーヒートや重大なトラブルを招き、高い修理費用が必要となることもあります。

 

走行距離が10万キロ前後

ウォーターポンプは、走行距離が10万キロメートルを超えるころに故障しやすい傾向があります。この走行距離に近づくにつれて、ウォーターポンプのみならず、エンジンのほかの部品にもストレスがかかり、部品の摩耗や故障のリスクも増加します。

ウォーターポンプは、エンジンの冷却システムの核をなす部品であるため、走行距離が増加すると多くの車でその部品交換が必須となります。しかし、10万キロメートルに到達していなくても、それなりの走行距離を経た車では、突然の故障が発生することもあるので注意が必要です。

 

シャフトベアリングの破損や冷却水の漏れ

ウォーターポンプが故障するそのほかの原因には、シャフトベアリングの損傷や冷却液の漏れが含まれます。シャフトベアリングはポンプの回転機能をスムーズにするためのもので、これが損傷するとポンプの効率が落ちることがあります。

冷却液の漏れは、ウォーターポンプのシールや接続部分の老朽化が原因で生じることが多く、これを放置すると、エンジントラブルを起こすリスクがあります。

これらの問題はとくに走行距離が多いことや、古い年式の車で発生しやすいため、該当する車両を使用している方は定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

 

ウォーターポンプの修理費は?

ウォーターポンプの修理費は、車種や修理範囲によっては平均相場より高額になることもあります。古い車や走行距離が長い車で、修理費用が高額になるときは、長期的に考えると新しい車への投資を検討した方がよいこともあるでしょう。

では具体的なウォーターポンプの修理費用や新車に買い替えるときの目安について解説します。

 

単体であれば20,000円前後かかる

一般的にウォーターポンプの修理にかかる費用の目安は20,000円前後です。ただし、この費用はウォーターポンプ単体の修理や交換に限定された場合の概算であり、車種や修理店舗によって価格は変動します。

たとえば、高級車や特殊なモデルのウォーターポンプは、標準的な車種よりも高価になるケースが多いので、修理費用も高額になります。また、ディーラーで修理をするとカー用品店や修理専門店に比べて修理費用が高くなる傾向があります。

しかし、ディーラーの方が高度な技術や専門知識を持つため、長期的な観点ではコストパフォーマンスがよいケースもあります。修理を検討するときは、複数の店舗で見積もりをとり、最適なサービスと価格のバランスを考慮することが重要です。

 

ウォーターポンプ単体の修理で済まない可能性も

ウォーターポンプが故障すると、エンジン関連の部品にも影響を及ぼすことが多いため、修理費用も高額になることがあります。

ウォーターポンプの不具合は、オルタネーターやラジエーター、タイミングベルトなどの部品にも影響を及ぼすことがあり、ウォーターポンプ単体だけではなく、それらの部品全体の修理が必要になり、結果的に修理費用が20,000円を大きく上回る可能性があります。

 

ウォーターポンプ修理より新しい車を購入したほうがよい?

ウォーターポンプや関連部品の修理費用が高額になるときは、新しい車への買い替えを検討した方が長期的に見るとコストを抑えられることがあります。
とくに古い車や走行距離が長い車の場合、部品の発注に時間を要したり、関連部品の交換や修理も必要になることが多く、結果的に修理費用が新車の購入費と変わらないこともあります。

また、古い車は故障のリスクが高いため、将来的にさらなる修理が必要になる可能性があります。そのため、ウォーターポンプの修理費用と車の全体的な状態を考慮し、長期的なコストで修理をするか見極めるようにしましょう。

新しい車を購入すると、最新のサーフティ機能により安全性が上がり、燃費もよくなるため、数年単位での車の維持費を考慮すると、新車を購入した方がコストを抑えられることもあります。

目先の修理費用だけではなく、今後発生しうる費用も考慮して、新車を購入することも検討しましょう。

修理費用が高額になる可能性があるのはウォーターポンプの故障だけではありません。こちらでは事故車を廃車にすべきかどうか、手放した方がよいケースを解説しますので合わせてご覧ください。
「事故車は廃車にすべき?手放した方がよいケースとは」の記事へ遷移する内部リンクの設置を推奨いたします。

 

ウォーターポンプの交換を自分で行う場合について

ウォーターポンプの交換の交換方法に関して、動画やサイトで紹介されているので、自分で交換しようと考える方もいるでしょう。しかし、ウォーターポンプを自分で交換するには、専門的な知識と道具が必要です。ウォーターポンプはエンジンの冷却に関わる部品なので、リスクもともなうことを理解しておきましょう。

ウォーターポンプの交換作業は複雑で、手順を誤るとエンジンに深刻な損害を与えてしまうこともあります。また、ウォーターポンプは複数の重要なエンジン部品と密接に連携しているため、交換中に大切な部品を誤って損傷させるリスクもあります。

このような理由から、専門知識がない方は、安全性を確保して不必要なリスクを避けるためにも、専門家への依頼を検討することをおすすめします。

 

交換の手順

ウォーターポンプの交換にはどのような作業が必要になるのか、参考までにその手順を紹介します。ただし、一般的な作業手順なので、車種によって異なることをご理解ください。

 

1.冷却水の排出
最初にラジエーターの下にあるドレンボルトを外し、ウォーターポンプ内の冷却水を抜き取ります。

 

2.ラジエーターの取り外し
続いて、ラジエーターを慎重に取り外します。ラジエーターは繊細なため、取り外した後は安全な場所で保管しましょう。

 

3.タイミングベルトの取り外し
パワーステアリングのポンプ、オルタネーターなど、関連部品をすべて取り外して、タイミングベルトを取り外します。ただし、この作業はとても繊細で、正確な手順で行う必要があるので、取り外す部品や手順はメーカーの説明書などで正しい情報を確認した方がよいでしょう。

 

4.ウォーターポンプの交換
最後にウォーターポンプを取り外し、新しいものと交換します。このときも設置位置がずれていると正しく機能しないため、位置を確かめて確実に固定する必要があります。

 

ウォーターポンプの交換方法は車種によって異なるので、必ずご自身の車の車種の正しい手順を確認しましょう。特にタイミングベルトやラジエーター周辺の作業には細心の注意を払う必要があります。

カー用品店ではタイミングベルト専用キットなども販売されていますが、必要なツールがない方や、車に関する詳しい知識がない場合は、プロに依頼した方が賢明です。

ウォーターポンプを交換するときは、不適切な取り扱いによって車両に深刻な損傷を与えるリスクがあるため、安全を最優先に考えてから自分で交換するか判断しましょう。

また、交換後は冷却システムに漏れがないかを確認し、エンジンが正常に動作するかチェックしてから走行するようにしましょう。ウォーターポンプの交換は複雑な作業になるため、自信がない方はプロに任せることを推奨します。

 

まとめ

 

この記事ではウォーターポンプの故障の兆候、修理費用、自分で交換するときの手順、そしてそれにともなうリスクについて解説しました。ウォーターポンプは車のエンジン冷却システムの重要な部品であり、その故障はエンジンのオーバーヒートなどの重大な問題を引き起こす可能性があります。

ウォーターポンプの修理や交換は、車の種類や状態によって費用が大きく異なり、場合によっては新車への投資を検討する価値もあります。

乗り換えによる廃車を検討する場合、カーコレクトにお任せください。お客様のお車に最低保証価格をつけてお引き取りいたしております。面倒な書類手続きも当社のベテランスタッフが対応いたしますので、一度お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

対応エリア

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
このページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る

0120-003-677

メールで問い合わせ

LINEで問い合わせ

年中無休!電話で無料査定受付中。0120-003-677 受付時間9:00~20:00 LINEで気軽にお問合せ